パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

セミナー詳細・お申込み

第9回職場環境改善工房セミナー パワハラ防止に取組む、経営者・管理者の基本的心構えとは。

パワーハラスメント防止に取組む企業も増えてきていますが、なかなか、効果が実感できないという企業様も多いのではないでしょうか。一方で、パワハラ防止に取組みたくても、どのようにはじめれば良いのか、わからないという方も多いかと思います。

 

今回の職場環境改善工房のセミナーでは、パワハラ防止を積極的に考えていらっしゃる経営者・管理職の方に、パワハラ防止の取り組みに向けての基本について、お話したいと思います。

 

 

 

内容

・        経営者・管理者が知らければいけないパワハラ防止義務の法的根拠

 

・        パワハラがもたらす、経営デメリットについて。

 

 ・  パワハラ防止対策でしなければいけない、最低限のこと。

 

 

講師 原田芳裕

1976年名古屋市生まれ 名城大学法学部卒業

職場環境改善工房 代表

 

2011年から約一年半のパワハラ体験と闘いを通して企業におけるパワハラ対策の必要性を痛感。

20134月に職場環境改善工房を立ち上げる。

20136月には、自身のパワハラ体験を綴った「パワハラ地獄敢闘記」を日本評論社から出版

 

 

 

とき:9月5日(火)13:30~

場所:青少年文化センター(アートピア)第1研修室

名古屋市中区栄三丁目181ナディアパークデザインセンタービル

 

会費:1000円

お問い合わせ:090-7312-3133 

若しくは

harada@sk3-harada.jp

(原田芳裕)

※10名程度を予定しています。

 

 

開催日 2014年09月05日
参加料 1000円
定員 10名
参加対象 経営者 管理職 人事・総務の方
場所 青少年文化センター(アートピア)第1研修室

住所:名古屋市中区栄三丁目18番1号 ナディアパーク デザインセンタービル

セミナーのお申し込みはこちらから

は必須項目です。

セミナー名
お名前
ふりがな
メールアドレス
電話番号 - -
ご住所 -
お問い合わせ・ご質問など