パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

個人様の事例紹介

ある製造業の方からの相談

2014年5月12日

パワハラ個人相談での実際の事例を紹介します。

 

もちろん、ご本人の了承を得て、どなたかは特定できないようにしています。

ご了承ください。

 

(相談内容、引用はじめ)

聞きたい事がありまして。私の会社には口の悪いオバサンがいます。それはそれは口が悪くて…でも間違った事を言ってないので、誰もなかなか言い返せないのですが、それに付け加えて『辞めろ』とか死ねだったか殺すぞだったか…平気で言う人がいます。そういうのもやっぱりパワハラになるんですかね?

ちなみにここ2.3日は上司から何も言うな!と言われたらしく大人しいですが、そのオバサンが嫌で班を変えてもらった人やオバサンと出勤日が重なると休む人がいます。

でもまたいつ吠え出すか…。私もグチグチ言われた事がありますが、たまたま何を言ってるのか分からなくて軽く流せました(笑)

今後、吠え散らかした時にパワハラになるのであれば、やっぱり会社の組合や相談窓口なども利用しないと…と密かに思ってます。

オバサン一人の為に雰囲気が一気に悪くて働きにくいので、私が言われた訳じゃなくても考えないとなぁと思い相談しました。

(相談内容、引用終わり)

(私の回答)

基本的に、パワハラに該当するかどうかは、「適正な業務の範囲内」かどうかにかかってきます。

『辞めろ』とか『死ね』とか『殺す』とか言っているのであれば、「適正な業務の範囲」を逸脱し、生活や生命を脅かす脅迫をしていることになり、許されません。十分にパワハラです。なので、言った瞬間に、何時、どこで、どのようなシチュエーションで言われたのか、きちんとメモを取っておいて、組合や相談窓口に相談することをお勧めします。 また、それだけでなく、上司や人事部に訴えるのも効果がある場合があります。

(回答終わり)

このご相談者のすばらしいところは、

 

>オバサン一人の為に雰囲気が一気に悪くて働きにくいので、私が言われた訳じゃなくても考えないとなぁと思い相談しました。

 

という心構えです。 こういう心構えの積み重ねが、パワハラ防止に繋がっていくのです。