パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

個人様の事例紹介

実際の事例。マイナンバー提出にまつわるパワハラ 

2016年3月3日

マイナンバー制度がはじまって、職場や会社からマイナンバー提出を求められた方は多いかと思います。

もちろん、提出をされた方もいらっしゃるでしょう。

反面、提出しないように考えている方もいらっしゃるでしょう。

 

①事業所は法律で定められた書類に従業員のマイナンバーを記載して提出する義務があります。

②ですが、事業所はマイナンバーの提出を従業員に義務付けたり、強制はできません。

しかし、その理解が不十分で、事業所のマイナンバー提出義務を「従業員のマイナンバー提出義務」と誤解して、

強制的に従業員にマイナンバーを提出させようとする事業所や担当者が実際に出てきています。

 

とある会社でのことですが、こんなことがありました。

アルバイトAさんが、勤めている会社からマイナンバー提出を求められました。

Aさんは、マイナンバー提出の義務はないことを知っていたので、数回求められても、断り続けてきました。

ところが、度が過ぎると思うほど何回も求めてきたので、Aさんは担当者である社員Bさんに訊きました。

「私には提出する義務はないですよね?」

すると、Bさんは、

「ある。義務はあります。国が決めたことだから、君は出さなければいけない。」

 

その後、AさんBさんはマイナンバー提出義務のある無いで口論となりましたが、そこに今度部長のCさんがAさんに言いました。

「もし、出さなかったら雇用ができなくなるとか、君にとって不利なことしかないよ。それに君がいくら拒否しても会社は全員提出を目指しているから、提出するまで求めるし、家までとりに行くよ。」

 

 

分かりますでしょうか?

社員の誤解と目標達成優先のマインドが、従業員はマイナンバー提出義務が無い(つまり、提出するしないの選択がある)権利を侵害し、マイナンバー提出を強制するというパワーハラスメントになっているのです。

 

マイナンバーは従業員が会社や職場に提出する義務はありません。それに伴うパワーハラスメントに注意しましょう!