パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

個人様の事例紹介

上司からのパワハラ⇒職場追放⇒職場復帰という事例 (戦略的パワハラ対応の事例)

2015年9月1日

本日、すごい嬉しい知らせが・・・・・

私は、今、あるところで労働相談もさせていただいているのですが・・・・

20代の男性の相談いただいている方から、職場復帰が決定したとの知らせが来ました!

この方は、常用型派遣(正社員雇用をして、企業に派遣する形態)でとある大企業に派遣されていたのですが、そこの上長とコミュニケーションがうまく行かず、上長に疎まれ、挙句の果てにパワーハラスメントを受けた上で、「お前とはうまくやっていけない!」と言われた上で職場から外され、自主学習という名で仕事を与えられない毎日を過ごしてきました。

このケースは、確実に、退職に追い込まれるケースだったと思います。

 

実はこの方、就業には問題は無いのですが、軽度の発達障害があるのです。

それを上長は理解をしなかったのですね。

 

相談に乗らさせていただいてから、一つ一つすべきことやるべきことをお教えし、実行してもらった結果、職場復帰が実現しました! 発達障害の診断書をとり、それを会社に提出するという戦略をとりました。

今は、企業のメンタルに対して求められる配慮も厳しくなっているものですから、発達障害の事実を知っていて何も対策を採らないというのは、許されないのです。

しかも、パワハラした上長はなるべく接触させないという対応策まで提示されたとのことです。

本当に、良かった。何が良かったかって?

裁判沙汰にならずに一先ず解決に至ったことがです!

 

このように、パワハラは戦略的に対応することで解決する方法があるのです。

 

個人でパワハラで悩んでいる方は、こちらをクリックして下さい。

パワハラに対抗する基本的な考え方が書いてあります。