パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

法人様の事例紹介

パワハラ防止対策の基本はコミュニケーションの円滑化

2014年5月16日

パワハラ防止対策というのは、実は答えがないんです

 また、完璧なパワハラ防止対策というのも存在しません。

 

なぜなら、人の心というのは常に変化するからです。

今日の友は明日の敵、とでも言いましょうか。いつどこでパワハラは発生しても可笑しくないのです。

と言って、手をこまねいている訳にもいきません。

 

パワハラのほぼ100%が、人の心情から発生している、といっても過言ではないでしょう。データーはありませんが、私がパワハラに遭っている方のサポートを通して、感じることです。

 

要は、「あいつ気に食わん」という心情です。 また、自分の中に溜まったストレスや心の澱を吐き出すために、特定の人間をいじめる、ということも考えられます。

 

そして、パワハラなどの行為をするのです。

 

また、組織の性質や人間関係を利用して、陰湿に人を追い込んでいくこともあります。

なぜ、そのようなことがまかり通ってしまうのでしょうか。

 

パワハラが問題化するのは、一方通行的なコミュニケーションの強要や拒否が積み重なり、モチベーション悪化、効率低下、うつ病の発症、退職の強要などが引き起こされるからです。

 

しかし、業務命令の名の下に、上司の権威を利用したり、 仲間はずれにして、仕事の遂行を妨げるなど、コミュニケーションが拒否される場面が、パワハラの現場では多々見られます。双方相通じたコミュニケーションが欠乏しているのです。

つまり、コミュニケーションが円滑でない組織は、パワハラが横行しやすいのです。

 

私は常々、パワハラ=職場環境を悪化させる行為 と唱えてきました。

つまり、コミュニケーションの欠乏が職場環境の悪化を引き起こしているのです。

 

となると、コミュニケーションの円滑化を如何に図っていくか、というのが、パワハラ防止対策の一歩となります。

 

logo