パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

法人様の事例紹介

「顧客目線がハラスメント防止に役立つ」

2016年7月21日

私は実際に、企業様の実務に入り、ハラスメント防止のコンサルをさせていただいくこともあります。

企業全体のサービスの質を上げるとき、
一つ考えなければいけないのが、
「従業員のマインドを変え、シンプルな目的意識を徹底させること」にあると思います。そして、その目的意識の根幹には「顧客」があります。

言い換えれば、「他者」の目を常に意識するということです。

企業は「顧客」という他者の存在によってしか、成り立ちません。
考えればわかります。企業の売上げは全て顧客からもたらされるからです。そして、顧客は「他者」でもあります。企業にとって厳しい目を持っていらっしゃり、信頼ができると、温かい目をもっていただけます。しかし、信頼を裏切ると、より厳しく、冷たい視線を向ける存在になります。

従業員の立場では、なかなか「顧客」を意識する事はありません。ですが、「顧客」の存在こそが、従業員の能力向上や、労働環境の改善に繋がっていく一番のキーポイントであり、外す事はできないのです。

組織全体が「顧客」のために何ができるかを徹底的に考え、改善していく風土を作っていく必要性があります。

ハラスメントの起こる背景の一つに、社風として、「顧客」目線マインドが欠けていることが挙げられます。

ハラスメントが起こる背景にある感情には、現状維持・保身・自分本位などがあげられますが、・・・・それらは全て「顧客」目線には繋がっていないということです。

皆さん、想像してみて下さい。「顧客」目線のあるハラスメントというのがあるのでしょうか?・・・・あるなら、ぜひ聞いてみたいです。

ということは、顧客目線に立つことが、ハラスメント防止に役立つと考えられるのです。