パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

法人様の事例紹介

なぜ、経営者はパワハラ防止に躊躇うのか。

2015年2月6日

タイトルの

「なぜ、経営者はパワハラ防止に躊躇うのか。」

さて、なぜでしょうか。

答えは単純です。

 

パワハラのことを何も知らないから!

にほかなりません。

分からないから、パワハラ防止のもたらす経営メリットも、防止を行わないことによる経営リスクも図りかねるのです。

 

先日、興味あるキーワードで職場環境改善工房のHPに来た方がいらっしゃいました。

 

パワハラ対策を会社に申し出しても改善しないのはなぜか」

 

おそらく、一定のパワハラ対策をしているのだか、受け手として不十分に感じる、ということなのでしょう。

 

また、職場がどのように変化していくか、改善していくかが、イメージできないまま、パワハラ対策を行っているのも、原因の一つかと思われます。

 

また、このキーワードを

「会社にパワハラ対策して欲しいと言っているのに、何もしてくれない」

という意味に捉えるならば、答えは簡単です。

 

パワハラのことを何も知らないから、対策を立てようが無い、どうしたら良いのか分からない。ということなのです。

 

ですから、パワハラ防止の基礎は、まず、パワハラについて知る事なのです。

 

①パワハラの経営上のデメリットについて、知る

②パワハラが職場にもたらす悪影響を知る。

③パワハラの無い職場がどのようなメリットをもたらすかを知る

 

パワハラについて知らなければ、パワハラ防止対策を行う事はできません。

パワハラ防止は、企業の義務ですから、まずは、パワハラ防止研修を実施するところからはじめましょう!

 

 

 

職場環境改善工房では、企業様向けに、パワハラ防止講習を行っております。詳細については、こちらをクリックして下さい。