パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

大阪市大 ハラスメントで、助教を停職1年の懲戒処分

2014年8月14日

読売新聞2014年3月27日の記事です。

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20140327-OYT8T00220.htm

(引用はじめ)

女子学生にセクハラ行為を繰り返したなどとして、大阪市立大は25日、生活科学部の男性助教(44)を停職1年の懲戒処分にした。

同大学によると、助教は2012年6~12月、女子学生1人に対し、研究室で体を触ったり不適切な発言をしたりした。この女子学生に卒業論文を指導する見返りとして、テストの採点を手伝わせるハラスメント 行為もした。女子学生が昨年2月、大学側に相談して発覚。助教は事実関係をほぼ認め、謝罪したという。

(引用終わり)