パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

退職勧奨と退職強要について。

2014年2月25日

最近は、「追い出し部屋」が話題になっていますね。大手企業がリストラ対象者の為の部署を設置して、無理難題な業務を課して、辞めさせていく・・・・・・・ といったイメージでしょうか。 手法は企業によってまちまちで、実態はよく分かっていない、というのが現状のようです。

また、早期退職者を募る場合も、実は会社側がリストアップして、面談を設定し、はじめから退職ありきで、残留の意思をまったく受け付けない、ということはよくある話です。

中小企業でも、よく、経営者や使用者が退職を仄めかすことがあります。それがエスカレートしていって、長時間の拘束や恫喝にまで至ることがあります。(←これ、実際に私が経験したことです)

よく、私のところに相談に来られる方で、言われるのが、「会社が、従業員に退職を奨めるのは、違法ではないのですか?」ということです。

答えは、NOです。

会社が従業員に退職を奨めることを、退職勧奨と言いますが、これは違法ではありません。

しかし、この退職勧奨の手法が度を過ぎて、違法行為までに発展してしまうと、これは違法です。これを「退職強要」と言います。

暴行行為はもちろんのこと、度重なる拘束で退職を奨めたり、退職勧奨に応じなかった場合の不利益配転や、減給処分、懲戒処分、なども「退職強要」になります。損害賠償や不利益分の返還、不当処分の無効が請求できますし、実際裁判でも、判例があります。

私の経験(相談も含めて)からしても、退職勧奨は、すぐに退職強要行為へと移行する傾向があるように思えます。無視行為などのいじめが発生する場合もありますし、仕事外しなどの傾向もあります。

しかし、このようなことをすると、他の従業員は「何か変だな?」と勘付きます。そして「次は私がいじめられないようにしなければ・・・」と戦々恐々とするのです。こうなると、職場から活気がだんだんと失われ、効率低下にも繋がっていきますし、潜在的な職場不信を従業員の方に植え付けることになります。すると、職場環境を悪化させる行為をパワハラと定義している、職場環境改善工房の考え方からすると、退職勧奨も職場環境を悪化させる行為であり、一種のパワハラだと考えるのです。

ですから、私はいくら違法ではないといっても、退職勧奨もパワハラだと考えております。むろん、退職強要はいうまでもありません。

みなさまはどうお考えでしょうか。

 

■職場環境改善工房では、パワハラ防止の提言をしています。

パワハラ防止についての基本的な考えについては、こちらをクリックしてください。

パワハラ防止標語作りについては、こちらをクリックしてください。

企業向けパワハラ防止研修については、こちらをクリックしてください。

 

■このHPには、200以上のパワハラ事例が載っています

さまざまなパワハラ事例について知りたい方は、こちらをクリックしてください。

 

■職場環境改善工房では、個人の方のパワハラ相談を承っております。

個人の方のパワハラへの対応については、こちらをクリックしてください。