パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

大磯町消防で退職者相次ぐ、パワハラ常態化か/神奈川

2014年8月1日

神奈川新聞2014年3月13日の記事です。

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1403120046/

(引用はじめ)

大磯町消防本部で、この2年余りの間に管理職と若手職員計6人が早期退職する異例の事態となっている。4月以降は2人欠員となり、大地震などへの備えが急務となる中、危機対応や人材育成面で支障をきたしかねない。二宮栄治消防長は「退職理由は健康問題や家庭の事情などさまざま」と、偶然の結果と説明する。しかし、職場内外から「一部幹部たちによるパワーハラスメント行為や、それが是正されない職場環境も一つの理由」との声が上がっている。

同本部では2011年12月に入庁5年目の若手職員が精神疾患による療養休暇の末に退職。13年3月には管理職2人。今月末には管理職2人と若手職員1人が中途退職する。そのため定員45人に対し、4月は欠員2人となる。

11年末に退職した元職員は同年4月の異動で、ある幹部職員と一緒に仕事をする環境になり、パワハラ10+ 件 を受けたという。「おまえクビ。いつ辞表を持ってくるのか、辞表の書き方を教えてやるなどと言われ続け、おかしくなってしまった」と打ち明ける。精神科に通い、発作的に薬を大量に飲む自殺未遂を起こしたという。現在は転職し順調に生活しているが、「当時は自分の能力が低いからだと自分を責めていた。最近、別の職員も同じ目に遭っていると聞いた。命に関わる仕事なので、少しでも働きやすい職場にしてほしい」と訴える。

二宮消防長は「個人面談もしてきたが、これまで職員からパワハラ10+ 件 の報告は受けていない。元職員の上司にあらためて事情を聴いたが、そうした発言はしていないとのことだった」と説明。パワハラ問題について調査やアンケート、研修などは行っていないという。

ただ、退職した管理職の1人は一部幹部たちによるパワハラの常態化を指摘。「パワハラ10+ 件 、いじめを放置している。信頼の置けない人間が上司になっている。さすがに我慢できなくなった。一部の人間たちのために非常に残念だ」と退職理由を述べた。現職の1人も「新たな犠牲者はいつ出てもおかしくない。大磯消防の将来が心配だ」と危惧する。災害対応の最前線に立つ役割を担うだけに、職場環境の改善が急務だと訴えている。

「大磯消防の場合、火事が少ないため、一人前の消防士になるには10年以上かかる」(二宮消防長)という。指導役のベテランや若手の退職は業務継続へ大きく影響する。現状について二宮消防長は「危機感を持っている」と話している。
(引用終わり)

 

■職場環境改善工房では、パワハラ防止の提言をしています。

パワハラ防止についての基本的な考えについては、こちらをクリックしてください。

パワハラ防止標語作りについては、こちらをクリックしてください。

企業向けパワハラ防止研修については、こちらをクリックしてください。

 

■このHPには、200以上のパワハラ事例が載っています

さまざまなパワハラ事例について知りたい方は、こちらをクリックしてください。

 

■職場環境改善工房では、個人の方のパワハラ相談を承っております。

個人の方のパワハラへの対応については、こちらをクリックしてください。