パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

「倍返し」について

2014年5月25日

テレビドラマの影響で「倍返し」という言葉が流行ってますね。

 

この言葉のおかげで、パワハラ被害者からもよく、「倍返し」したいという言葉を聞いたりします。

 

倍返ししかし、私自身は「倍返し」という言葉は好きではありません。

 

「倍返し」という言葉は、いわば復讐をするということに他なりません。

やられたらやり返すという発想そのものが、新たなパワーハラスメントを生み出す土壌になってしまいます。

この言葉はどこか、憎しみの連鎖を伴っているように感じます。

職場は生活の基盤を作るところであって、人を憎しみ、傷つける場所ではありません。

理不尽な行為に対しては堂々とその行為の非を認めさせ、是正させることが重要であって、

決して、人を傷つき返せば良いわけではないのです。

 

パワハラを予防していくということは、憎しみの連鎖が生じないようにすることでもあります。

そして、相談に乗ったときは、その憎しみの先をどのように和らげていくかが問題となります。

 

憎しみが続いたままにさせておくと、マイナスの感情ばかりが芽生え、心のコントロールができなくなってしまいます。

「悪いものは悪い」ということはとても大切なことですし、それを受け止めることも大切です。ですが、そこに産まれた濁った感情をそのままにしておくと、破壊したいという衝動が継続して心の奥底に残ります。

歩み寄るというのは、妥協ではなく、建設的に前向きになるということに他なりません。

その道を探っていくのがパワハラ相談であり、パワハラ防止なのだと考えております。