パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

セクハラ10年続ける=40代事務職員を減給-福島県警

2014年6月20日

時事通信2013年11月12日の記事です。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201311/2013111200844&g=soc

 

(引用はじめ)

約10年間にわたり複数の女性職員にセクハラを続けたとして、福島県警は12日、警察署勤務の40代の男性事務職員を減給の懲戒処分にしたと発表した。職員は「あいさつ代わりのスキンシップで、これくらいなら許されるだろうと思っていた」と話しているという。
監察課によると、職員は2003年秋から13年6月、職場などで通りすがりに女性の尻を触ったり、「キスしていいか」「髪がきれいだね」などと発言したりしていた。
本吉正人首席監察官の話 女性が働きやすい職場づくりを進めている中、誠に遺憾。指導を徹底し、再発防止に努める。(2013/11/12-18:23)

(引用終わり)