パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

パワハラ訴訟:トキワ松学園訴訟 男性職員と和解が成立 /神奈川

2014年5月22日

2013年11月8日 毎日新聞の記事です。

http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20131108ddlk14040155000c.html

 

(引用はじめ)

退職強要などのパワーハラスメントでうつ病を患ったとして、横浜美術大(横浜市青葉区)を運営するトキワ松学園(東京都目黒区)の男性職員(44)が学園と上司らに賠償を求めた訴訟は、2審の東京高裁(下田文男裁判長)で和解が成立した。5月21日付で、和解内容は非公表。

男性は2011年9月、上司のパワハラでうつ病になったとして横浜北労働基準監督署から労災認定を受けている。【山下俊輔】

(引用終わり)

 

■職場環境改善工房では、パワハラ防止の提言をしています。

パワハラ防止についての基本的な考えについては、こちらをクリックしてください。

パワハラ防止標語作りについては、こちらをクリックしてください。

企業向けパワハラ防止研修については、こちらをクリックしてください。

 

■このHPには、200以上のパワハラ事例が載っています

さまざまなパワハラ事例について知りたい方は、こちらをクリックしてください。

 

■職場環境改善工房では、個人の方のパワハラ相談を承っております。

個人の方のパワハラへの対応については、こちらをクリックしてください。