パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

「ブラック企業」防止へ講習 広島労働局

2014年6月18日

中国新聞2013年11月7日の記事です。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201311080002.html

 

(引用はじめ)

過酷な労働を強いる「ブラック企業」が社会問題になる中、広島労働局は7日、広島市中区の広島合同庁舎で、労働時間の管理や過重な労働の防止について、企業向け講習会を初めて開いた。労務担当者133人が集まった。

落合正典(まさふみ)監督課長が、9月1日に開いた電話相談会に85件の相談があり、サービス残業、長時間労働、パワハラの内容が目立ったと説明。「電話が鳴りっぱなしだった」と問題の切実さを訴えた。

中でもパワハラによる精神障害の労災請求が増えていると強調。「愛情を込めた指導だと思っていても、必ずしも部下のやる気にはつながっていない」と指摘した。時間外労働に関する労使協定(三六協定)の締結や、サービス残業を防ぐ責任の明確化も求めた。

(引用終わり)

 

以下、クリックすると、関連記事にリンクに飛びます。

警察でのパワハラ事例1

警察でのパワハラ事例2 拳銃自殺

女性警察官によるパワハラ事例

秋田県警でのパワハラ事例に対する秋田県議会での質疑

 

 

 

■職場環境改善工房では、パワハラ防止の提言をしています。

パワハラ防止についての基本的な考えについては、こちらをクリックしてください。

パワハラ防止標語作りについては、こちらをクリックしてください。

企業向けパワハラ防止研修については、こちらをクリックしてください。

 

■このHPには、200以上のパワハラ事例が載っています

さまざまなパワハラ事例について知りたい方は、こちらをクリックしてください。

 

■職場環境改善工房では、個人の方のパワハラ相談を承っております。

個人の方のパワハラへの対応については、こちらをクリックしてください。