パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

「プライド傷ついた」とキス 教諭をパワハラで懲戒

2014年5月18日

朝日新聞2014年5月16日の記事です

http://www.asahi.com/articles/ASG5J3Q4JG5JOIPE00B.html

 

(引用はじめ)

愛知県教育委員会は16日、後輩の女性教諭にセクハラパワハラを繰り返したとして、豊田市立朝日丘中学校の男性教諭(40)を同日付で懲戒免職処分にした。行為は同市立竜神中に勤務していた昨年秋から今年3月までの半年間にわたり、悪質と判断した。

県教委によると、男性教諭は昨年12月4日、女性教諭に頼んだ仕事を後回しにされて腹を立て、深夜から翌未明にかけ何度もしかり、女性教諭が土下座しても許さなかった。翌月には「お前に仕事を手伝わせたことでプライドは傷つけられた」などと言い、口やほおに数回キスをした。「教師が嫌になったらやめちまえ」「お前を一生恨む」などと罵倒もしたという。

女性教諭が3月に同僚らに打ち明けて発覚。男性教諭は県教委に「気分がハイになってキスをした」「子ども扱いしていた」などと理由を説明したという。

 

(引用おわり)

職場での優位性を背景に、性的に嫌がらせをするという、「セクハラ型パワハラ」だと言えるでしょう。