パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

「無能」「小学生でもできる」 警視2人パワハラで処分

2014年5月14日

朝日新聞2013年10月31日の記事です。

http://www.asahi.com/articles/SEB201310310053.html

(引用はじめ)

部下にパワーハラスメント をしたとして、長崎県警 は31日、前署長の警視2人を1~3カ月の減給(10分の1)とする懲戒処分を発表した。「無能だ」「印鑑を押すのなら小学生でもできる」といった言動が、行き過ぎた指導にあたると判断した。県警は調査のため、8月に2人を警務部 付に異動させていた。

処分を受けたのは、大平保秀・前相浦署長(58)=同日付で依願退職=と、中里文憲・前新上五島署長(59)。県警によると、2人とも「必要な指導だった」とパワハラ を否定しているという。

県警監察課によると、大平前署長は今年4月~7月ごろ、署幹部ら7人に「(部下から提出された書類を)見る必要はない」などと言った。中里前署長は昨年6月~今年7月ごろ、署幹部ら6人に「幹部の役割ができん者は降格せんといかん」などと発言。2人は日常的に部下を大声でしかったり、無視したりし、体調不良などで仕事を休んだ部下もいるという。

(引用終わり)

 

■職場環境改善工房では、パワハラ防止の提言をしています。

パワハラ防止についての基本的な考えについては、こちらをクリックしてください。

パワハラ防止標語作りについては、こちらをクリックしてください。

企業向けパワハラ防止研修については、こちらをクリックしてください。

 

■このHPには、200以上のパワハラ事例が載っています

さまざまなパワハラ事例について知りたい方は、こちらをクリックしてください。

 

■職場環境改善工房では、個人の方のパワハラ相談を承っております。

個人の方のパワハラへの対応については、こちらをクリックしてください。