パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

ブラック企業、相談急増 社会的関心を反映 宮城労働局

2014年5月12日

も河北新報2014年10月25日の記事です。

http://www.kahoku.co.jp/news/2013/10/20131025t12011.htm

 

【引用はじめ】

宮城労働局への労働相談が急増している。ことし1~9月の受付件数は前年同期を14.3パーセント(2126件)上回る1万6999件になった。若年労働者の使い捨てや過酷な長時間労働を強いる「ブラック企業」が社会問題化したことなどが影響しているとみられる。労働局は「社会的な関心が高まり、労働者が声を上げる雰囲気が出てきた」と分析している。

電話などによる労働局への相談件数はグラフの通り。年度末に急増する傾向は同じだが、ことしは4月以降もハイペースで推移している。3カ月ごとの集計で見ると、7~9月は前年同期を957件上回った。
厚生労働省経由で寄せられる電子メールによる相談、情報の増加も著しい。1月は5件にとどまっていたのが、9月は64件に膨らんだ。
宮城労働局によると、従来の過重労働に加え、パワーハラスメントに関する相談内容が増えているという。同局監督課は「勤務先は上場企業から中小零細までさまざま。業種も幅広い」と話す。
労働相談は、東北の他の労働局でも増加傾向を示している。
山形労働局は「ニュースなどでブラック企業に焦点が当てられたこともあり、夏ごろから1割程度は増えている」と説明。岩手労働局は「景気が上昇局面に入り、労働者の出入りが活発になっているのも影響している」と分析する。
過重労働やパワハラの放置は、職場環境を悪化させるだけでなく、事業所間の正当な競争もゆがめかねない。宮城労働局監督課は「重大事案や緊急性があるものから解決に向けて着手している」と話している。

◎過重労働・不払い深刻 国への相談、東北は119件

厚生労働省が9月1日に実施したブラック企業に関する全国一斉の電話相談では、東北から119件の相談が寄せられた。若年層にとどまらず40代からも悲痛な声が届くなど、劣悪な労働環境の広がりと深刻さをうかがわせた。
相談内容(複数回答)で最多だったのは「残業代不払い」の54.6%で、次いで「長時間・過重労働」29.4%だった。「月に残業が100時間を超えても手当がない。上司の指示がきつい」(建設業、40代)など賃金、労働時間の双方で問題があるケースもあった。
パワーハラスメントに関する相談も16.0%に上った。「職場にパワハラ、セクハラがある。自分も本社の上司から受けた」(接客娯楽業、20代)などの声が寄せられた。
相談者の内訳は本人60.5%、家族23.5%、職場の関係者など16.0%。本人の年齢(判明分に限る)は30代が24.4%と最も多く、20代21.8%、40代18.5%と続いた。
業種別では商業、製造業、保健衛生業などが目立った。
相談の中には、30代の息子を案じる父親から「午前0時すぎの帰宅で休日はほとんどない。辞めろと言っても、本人は再就職が心配で退職できない」との訴えがあったという。

2013年10月25日金曜日

【引用終わり】

最近、パワハラ対策を行う企業も増えてきていますが、パワハラ相談も増えてきています。

御社では効果的なパワハラ防止が行われているでしょうか。今一度、確認のひつようもあるかと思います。

パワハラの防止に興味のある方は、このHPをゆっくりと拝見ください。

パワハラの防止に興味のある方は、このHPをゆっくりと拝見ください。