パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

起業家には、パワハラをきっかけに独立した人が多いように思います。

2014年4月28日

木私も起業家です。起業家には起業家の集まりがあり、さまざまな起業家とお話させていただくことがあります。

その中で感じることが多いのが、「パワハラに遭って、会社を辞めて独立した」という人が多いことです。

まあ、私もその一人ですが、さすがにパワハラそのものを仕事としている方は出会ったことがありません(笑)

これは私にとって大きな驚きでした。会社を追い出された悔しさが、起業の原点にあるということです。

起業のきっかけは、さまざまです。ですから、パワハラが独立の直接的な動機になったというよりは、きっかけになっているといったほうが正しいと思います。

ただ、問題は、このこと一つをとっても、パワハラが人材の流出に繋がっているということを推察できることです。

パワハラは人間関係の歪みから生じることが多々あります。しかし、加害者側は大概それが、会社のデメリットに繋がっているということを認識していないことです。

人材の流出・・・・・・

パワハラは、会社の体力を奪い、社員のマンパワーを削ぐという側面があって、まさしく百害あって一理なしなのです。

 

 

■職場環境改善工房では、パワハラ防止の提言をしています。

パワハラ防止についての基本的な考えについては、こちらをクリックしてください。

パワハラ防止標語作りについては、こちらをクリックしてください。

企業向けパワハラ防止研修については、こちらをクリックしてください。

 

■このHPには、200以上のパワハラ事例が載っています

さまざまなパワハラ事例について知りたい方は、こちらをクリックしてください。

 

■職場環境改善工房では、個人の方のパワハラ相談を承っております。

個人の方のパワハラへの対応については、こちらをクリックしてください。