パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

一ヶ月100時間を超える事業所は5%

2014年6月4日

マイナビニュース2013年9月19日の記事です。

http://news.ameba.jp/20130919-473/

 

(引用はじめ)

厚生労働省は9月19日、平成24年 労働者健康状況調査結果を発表した。同調査は労働者の健康状況、健康管理の推進状況等を把握、健康確保などの推進を目的とし、5年ローテーションで毎年テーマを変えて実施されている。
過去1カ月間(平成24年10月1日から10月31日まで)における時間外・休日労働時間について、「1カ月あたり100時間を超える労働者がいた」事業所の割合は4.7%。23年調査では7.6%で、前年比2.9%減という結果になった。
また「1カ月あたり80時間~100時間以下」の労働者がいた事業所の割合は9.6%(23年調査9.8%)、「1カ月あたり45時間~80時間以下」の事業所の割合は30.6%(同28.4%)となっている。
過去6カ月間(平成24年5月1日から10月31日までの期間)に時間外・休日労働が1カ月100時間を超える労働者に対し、医師による面接指導を実施した事業所の割合は4.3%となった。また100時間以下の労働者に対し実施した事業所の割合は8.5%という結果が出ている。
労働者の調査によると、実際に過去6カ月間に同指導等を受けたことがある割合は5.5%。その内容(複数回答)は「医師による面接指導を受けたことがある」(3.0%)が最も多く、次いで「保健師等による保健指導を受けたことがある」(1.6%)、「チェックリストなどで疲労蓄積度を確認したことがある」(1.1%)という結果となった。
医師による面接指導等を受けた後に何らかの改善措置(複数回答)があった労働者の割合は45.3%となっており、約半数にのぼる。措置の内容としては、「就業場所の変更」(26.1%)が最も多く、次いで「時間外労働の制限」(17.6%)、「深夜業の回数の変更」(2.8%)となっている。
また医師による面接指導等を受けたことがない理由は「疲労が蓄積するほどの長時間労働を行っていない」が84.4%、「長時間労働は行われているが、事業所で面接指導等が行われていない」が10.0%となった。

(引用おわり)