パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

強要拒み「マタハラ」被害 札幌の女性が医療法人提訴

2014年6月2日

9月10日北海道新聞記事

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/490753.html

(引用はじめ)

セクハラやマタニティー・ハラスメント(妊娠中の女性に対する嫌がらせ)を受けたとして、札幌市内の病院に勤務する40代女性=休職中=が病院を経営する医療法人などを相手取り、1100万円の慰謝料を求める訴訟を札幌地裁に起こした。第1回口頭弁論が9日、同地裁(榎本光宏裁判官)であり、医療法人側は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。  訴状によると、医療法人の実質的な経営者が2011年2月から30回近く、食事や買い物に同行するよう女性に強要。同年10月に女性がこれを断ると、過重労働を強いられるなど嫌がらせを受けるようになったとしている。  医療法人側は「弁護士に一任しており、コメントは差し控える」としている。<北海道新聞9月10日朝刊掲載>

(引用終わり)

 

■職場環境改善工房では、パワハラ防止の提言をしています。

パワハラ防止についての基本的な考えについては、こちらをクリックしてください。

パワハラ防止標語作りについては、こちらをクリックしてください。

企業向けパワハラ防止研修については、こちらをクリックしてください。

 

■このHPには、200以上のパワハラ事例が載っています

さまざまなパワハラ事例について知りたい方は、こちらをクリックしてください。

 

■職場環境改善工房では、個人の方のパワハラ相談を承っております。

個人の方のパワハラへの対応については、こちらをクリックしてください。