パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

ハラスメントで准教授解雇=本人は否定-茨城大

2014年6月1日

2013年9月13日時事通信の記事です

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201309/2013091300898&g=soc

(引用はじめ)

茨城大は13日、約2年間にわたり複数の学生に重大なハラスメントを繰り返していたとして、同大の准教授を8月30日付で懲戒解雇したと発表した。事案の詳細や准教授の性別、所属などは明らかにしていない。同大によると、准教授はハラスメント行為を否定しているという。  昨年夏に被害学生から大学に相談があり、調査を進めてきた。同大は詳細を明かさない理由を、被害学生の二次被害防止のためと説明している。池田幸雄学長は「教員がこのような事態を起こしたことは極めて遺憾。再発防止に向け啓発活動を行う」とのコメントを出した。(2013/09/13-21:26)

(引用終わり)