パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

大声で部下叱責、パワハラで警視処分…岩手県警

2014年5月30日

読売新聞の2013年9月5日の記事です。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130904-OYT1T01069.htm?from=ylist

(引用はじめ)

岩手県警は4日、部下を長時間叱責するなどパワーハラスメント(パワハラ)を行ったとして、男性警視(58)を戒告の懲戒処分にした。

 発表では、警視は本部の課長だった2012年6月頃~13年2月頃、部下の男性職員数人に対し、業務中に大声で叱責したり、報告の不備を理由に始末書を繰り返し提出させたりした、としている。

職員の訴えで県警監察課が調査し、常態的なパワハラ行為が発覚。吐き気や不眠症を訴え体調を崩した職員もいたという。監察課によると、警視は「必要な指導で(パワハラの)認識はなかった」としながら、「責任を感じている」と話している。

(引用終わり)

 

■職場環境改善工房では、パワハラ防止の提言をしています。

パワハラ防止についての基本的な考えについては、こちらをクリックしてください。

パワハラ防止標語作りについては、こちらをクリックしてください。

企業向けパワハラ防止研修については、こちらをクリックしてください。

 

■このHPには、200以上のパワハラ事例が載っています

さまざまなパワハラ事例について知りたい方は、こちらをクリックしてください。

 

■職場環境改善工房では、個人の方のパワハラ相談を承っております。

個人の方のパワハラへの対応については、こちらをクリックしてください。