パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

指導かパワハラか  毎日新聞 地方版(愛知) コラム にじ より

2014年5月28日

毎日新聞2013年8月30日 コラムより

http://mainichi.jp/area/aichi/news/20130830ddlk23070291000c.html

(引用はじめ)

厳しい指導とパワハラの線引きはどこか? 最近増えるパワハラに関する取材の度に考え込む。国は脅迫、暴行、過大要求など6分類し、予防を促すが、どう感じるかは受け手の問題。周りが線引きできると考えること自体が誤りに思える。

パワハラを巡る訴訟が先日も起こされた。2010年に県警中署で拳銃自殺した同署の巡査(当時24歳)の両親が「自殺は上司からの退職強要や暴行・暴言などが原因」として県を訴えた。県警は内部調査で、上司の指導の一部を不適切と認めたが、「パワハラの意図はなく、違法性もない」として自殺との関係も否定した。処分や謝罪もないという。

巡査は父親も祖父も警官で、幼い頃から夢見た職だった。だが初配属からわずか2カ月後、何も言い残さずに命を絶った。

憧れは、なぜ絶望に変わったのか。真相を求める家族の思いに耳を傾けなければ、同じことは繰り返されかねない。【稲垣衆史】

(引用おわり)