パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

<聞いてよ!> 配置換えで余儀なく退職

2014年4月23日

中日新聞2013年6月28日の記事です。

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2013062802000002.html

(引用はじめ)

開店からホームセンターで約15年間、パートとして楽しく仕事をしていました。ある日突然、店長から職場替えを言われました。今までしていた仕事と全く違う仕事なので断りましたが「もう決まっていることだから」と言われ、聞いてもらえませんでした。辞めたくなかったのですが退職することにしました。今でも辞めさせる方向にもっていかれたと思っています。やり方に怒りを感じます。65歳まで働けたのに残念でなりません。(岐阜県、61歳女性)

◆いじめ見て見ぬふりの上司

 勤めていた会社は子会社なので、数年ごとに社長や社員が親会社から来ます。ある人は、私を気に入らなかったらしく何をしても責められ、陰湿ないじめ、嫌がらせに遭っていました。周りは自分もやられたら大変と見て見ぬふり。上司も出向で同じ立場なので見て見ぬふり。誰にも相談できず精神的に追い詰められ、具合が悪くなり会社を辞めました。弱い者が損をする構造はどうすることもできないのか。世間には同じ思いをしている人がたくさんいると思います。(千葉県、52歳女性)

(引用おわり)