パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

横浜市係長が停職12カ月、繰り返しのセクハラで 神奈川

2014年4月22日

神奈川新聞2013年7月19日の記事です。

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1307190012/

(引用はじめ)

横浜市は19日、複数の女性職員にセクハラ行為をしたとして、中区福祉保健センター福祉保健課の男性係長(47)を停職12カ月の懲戒処分にした。
市人事組織課によると、係長はことし5月に行われた職場の歓送迎会の席上などで、30代の女性職員ら2人に対し男女関係を迫る言葉を繰り返し発言したほか、集合写真を撮影する際に40代の女性職員に抱きつき、胸をもんだり頬にキスしたりしたという。
女性職員の1人が6月に市が委託している外部ハラスメント10+ 件 相談窓口に相談して発覚。係長は「酒に酔ってしまい、冗談のつもりだった」などと話しているという。
歓送迎会には同センター長なども含め25人が参加。センター長らは「気付かなかった」と話しており、市はセンター長ら上司3人について市長文書訓戒とした。

(引用終わり)

 

■職場環境改善工房では、パワハラ防止の提言をしています。

パワハラ防止についての基本的な考えについては、こちらをクリックしてください。

パワハラ防止標語作りについては、こちらをクリックしてください。

企業向けパワハラ防止研修については、こちらをクリックしてください。

 

■このHPには、200以上のパワハラ事例が載っています

さまざまなパワハラ事例について知りたい方は、こちらをクリックしてください。

 

■職場環境改善工房では、個人の方のパワハラ相談を承っております。

個人の方のパワハラへの対応については、こちらをクリック