パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

パワハラ訴訟が和解成立 若松一高 福島

2014年4月16日

 

福島民友ニュースの記事からです。

http://www.minyu-net.com/news/news/0709/news5.html

(引用はじめ)

パワーハラスメントで精神的苦痛を受けたなどとして、学校法人石山学園(会津若松市)が運営する若松一高の休職中の女性教諭が同法人と理事長兼校長の男性を相手に慰謝料約1191万円の支払いなどを求めた訴訟は8日までに、地裁会津若松支部で和解が成立した。  原告代理人によると、被告人代表の理事長兼校長の男性が女性教諭に和解金750万円を支払う。 (2013年7月9日 福島民友ニュース)

(引用終わり)

和解金750万はかなり高い水準ですね。内容が気になります。

 この他の事例について知りたい方は、下をクリックしていろいろ参照ください。

 

 

 

■職場環境改善工房では、パワハラ防止の提言をしています。

パワハラ防止についての基本的な考えについては、こちらをクリックしてください。

パワハラ防止標語作りについては、こちらをクリックしてください。

企業向けパワハラ防止研修については、こちらをクリックしてください。

 

■このHPには、200以上のパワハラ事例が載っています

さまざまなパワハラ事例について知りたい方は、こちらをクリックしてください。

 

■職場環境改善工房では、個人の方のパワハラ相談を承っております。

個人の方のパワハラへの対応については、こちらをクリックしてください。