パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

労働相談「いじめ」が大幅増 栃木労働局2012年度まとめ

2014年4月5日

下野新聞2013年6月28日 記事です。

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20130628/1076444

(引用はじめ)

栃木労働局に寄せられた2012年度の労働相談のうち、「いじめ・嫌がらせ」に関する相談が大幅に増えていることが28日、同局のまとめで分かった。相談件数は853件で前年度比で17・8%増加した。民事上の個別労働紛争相談に占める割合も21・6%と、01年度の個別労働紛争解決制度開始以降、件数、割合ともに最多だった。

同局は「パワーハラスメントといった言葉の浸透とともに、労働者の意識が高まり問題が表面化している」とみている。

12年度の相談件数は1万2947件で、前年度比4・8%(595件)増。このうち解雇など労働基準法違反を伴わない民事上の個別労働紛争相談は、12・8%増の3062件だった。

民事上の個別労働紛争相談で「いじめ・嫌がらせ」に関する相談は129件の増加。具体的には、「1年に渡り職場全体からの無視が続き、配置転換されたが、精神的にもたなくなった」(女性)などの相談が寄せられた。

一方、「解雇」に関する相談は5・1%増の528件。「自己都合退職」に関する相談は408件で約14%増加した。

相談者の内訳は労働者からが2515件で全体の82・1%。事業主からが237件で7・7%だった。

(引用終わり)

 

以下、クリックすると、関連記事にリンクに飛びます。

警察でのパワハラ事例1

警察でのパワハラ事例2 拳銃自殺

女性警察官によるパワハラ事例

秋田県警でのパワハラ事例に対する秋田県議会での質疑

 

 

 

■職場環境改善工房では、パワハラ防止の提言をしています。

パワハラ防止についての基本的な考えについては、こちらをクリックしてください。

パワハラ防止標語作りについては、こちらをクリックしてください。

企業向けパワハラ防止研修については、こちらをクリックしてください。

 

■このHPには、200以上のパワハラ事例が載っています

さまざまなパワハラ事例について知りたい方は、こちらをクリックしてください。

 

■職場環境改善工房では、個人の方のパワハラ相談を承っております。

個人の方のパワハラへの対応については、こちらをクリックしてください。