パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

海自艦での自殺「パワハラ」認定 当時の艦長ら停職処分

2019年2月25日

2019年1月29日 朝日新聞の記事です。

https://www.asahi.com/articles/ASM1Y4JPDM1YUTIL01J.html

【引用はじめ】
海上自衛隊横須賀基地神奈川県)の補給艦「ときわ」で男性3等海尉(当時32)が自殺した問題で、海自は29日、3尉へパワハラ行為をしたなどとして、当時の艦長高木征教(ゆきのり)2等海佐(54)を停職30日、上官の男性3等海佐(40代)と男性1等海尉(40代)を停職20日の懲戒処分とした。

3尉は昨年9月、横須賀基地に停泊中の艦内で自殺。遺書は見つからなかった。艦側は当初、パワハラを報告しなかったが、11月にときわの乗員から海上幕僚監部服務室に通報があり、海自が事故調査委員会を設置して調べていた。

同日まとまった事故調査報告書などによると、7月に昇任したばかりで仕事に不慣れだった3尉に対し、高木2佐は「なんで言われたことができないんだ」と叱責(しっせき)▽3佐は「こんなこともできないのか」「日本語が通じないなら英語で言う」と発言▽直属の上司の1尉は「こっちに来るな。あっちに行け」と罵声を浴びせたほか、休日出勤するよう指導した。

自殺の2日前には、1尉は約40分間、他の幹部がいる前で大声で叱責。3尉は「自衛隊を辞めます」と言っていた。

高木2佐は他の隊員に対しても、頭を平手でたたいたり、「おれに意見するな」と罵声を浴びせたりしていた。

海幕服務室が昨年12月に行った全乗員へのアンケートでは、上官が「死ね」「消えろ」などと発言▽自殺前夜にバインダーを投げつけた――といった3尉への行為などが記載されていたが、いずれも「確認できなかった」という。

3人とも自らの行為が3尉の自殺につながったと認めているという。

海自では過去にも、いじめを苦に自殺する隊員が出ている。村川豊海上幕僚長は「不適切な指導が隊員を自殺へ追いやったことは誠に遺憾」と述べた。今回の処分内容について海自は「停職6日程度とする通常のパワハラより重い処分とした」という。(古城博隆、清宮涼
【引用おわり】