パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

レスリング伊調馨、パワハラ被害か 関係者が告発状

2018年3月1日

2018年3月1日 朝日新聞の記事です。
https://www.asahi.com/articles/ASL2X6X6HL2XUTQP01J.html

【引用はじめ】
レスリング女子で五輪4連覇を果たした伊調馨選手(33)=ALSOK=が日本協会の栄和人・選手強化本部長からパワハラ行為を受けたとして、レスリング関係者が、協会を監督する内閣府公益認定等委員会告発状を送っていたことが28日、分かった。告発者の代理人弁護士事務所が明らかにした。

今年1月18日付で送付された告発状によると、伊調選手が栄氏から指導を受けていた中京女子大(現至学館大)を離れて拠点を東京に移した後、栄氏は伊調選手のコーチを強化委員からはずしたり、練習拠点への出入りを禁止にしたりしたという。

栄氏は朝日新聞の取材に対し、「協会が対応します。(伊調選手とは)仲が悪いわけではないし、私が練習をどうこういう話ではない」と話した。

伊調選手は2004年アテネ、08年北京、12年ロンドン、16年リオデジャネイロ大会を制し、女子の個人種目では史上初となる4連覇を達成。国民栄誉賞も受賞した。

【引用終わり】

職場環境改善工房では、個人の方のハラスメント対策で、会社側に防止対策をとっていただいた経験があります。
その経験から、申し上げると、この告発状には、レスリング界全体を良くしよう!と意図が感じません。
ハラスメントへの対応は、真実の追求以上に、悪影響を及ぼさないようにしていくことが大事なのです。

そもそも、告発状を出す必要性があったのか? 伊調選手自身も周りの嫉妬心に巻き込まれてしまっている可能性があります。
泥沼になってしまう可能性が非常に高いのではないかと、懸念しております。