パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

山形大教授がセクハラとアカハラで停職

2014年3月25日

2013年6月日刊スポーツの記事です。

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20130614-1142618.html

(引用はじめ)

山形大(山形市)は14日、大学院生にセクハラやアカデミックハラスメントを繰り返したとして、大学院理工学研究科の50代男性教授を停職3カ月の懲戒処分とした。

山形大によると、男性教授は2011年4月と7月、山形県米沢市の居酒屋やカラオケ店で、当時自身の研究室に所属していた20代の女子学生1人の肩に手を回すなどしたほか、日常的に複数の学生を大声でしつこく叱るなどしていた。

女子学生から相談を受け、聞き取り調査を行った大学側がハラスメント行為を認定した。山形大は「再発防止のため、綱紀の粛正を図る」としている。(共同)

(引用おわり)

 

山形大学のパワハラ防止のガイドラインはこちらを参照してください。(クリック)