パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

警察学校パワハラ賠償、2審は66万円に増額

2017年9月19日

読売新聞2017年9月16日の記事です。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170916-OYT1T50047.html

【引用はじめ】
熊本県警察学校で教官らからパワーハラスメントを受けて退職に追い込まれたとして、元警察官の男性3人が県に対し、慰謝料などの損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が15日、福岡高裁であった。

 須田啓之裁判長は、県に計44万円の支払いを命じた1審・熊本地裁判決を変更し、賠償額を66万円に増額する判決を言い渡した。

 判決によると、3人は2013年10月に採用され、警察学校の教官の違法な指導などを受け、14年1~3月に退職した。

 須田裁判長は、教官らの行為について、原告の親族が教官の暴行を県警に連絡した後、原告に取り下げるよう要求したことを「不法行為」と新たに認定。別の原告に重さ約5キロの盾とダンベルを持って約1時間走らせたことも「指導として合理性を欠き、違法」と指摘した。

 県警の杉村武治首席監察官は「判決文を見ていないので、コメントは差し控える。判決内容を慎重に検討し、適切に対処したい」とした。
【引用終わり】