パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

【パワハラを超えて3】経営者・管理職から見た、働く人の心理カウンセリング(リーダーシップ発揮する方の課題編)

2017年9月5日

経営者の観点からみると、己を厳しく律し、道徳心を持ちながら、仕事をきちんとこなし、リーダーシップも発揮する人は人材!!といえるでしょう。

そして、こういう方は、会社やチームを引っ張っていくので頼りがいがあります。

・・・・ですが、こういう方の陥りがちな課題があります。
それは・・・・・・

部下や同僚に対して「褒める・認める」ということをしない!
ということです。

もし、この「褒める・認める」をしないとどうなるか・・・・・
①同僚や部下の心が離れます。
②孤立し、無駄が多くなります。

③業績は上げますが、疲弊します。

そして・・・・己基準の厳しさ・道徳心をもって、部下や同僚にハラスメントをしてしまいます。

人間は、自己承認を求める心理をもっています。ですから、仕事を、①認める②分かってあげる③褒めてあげる ということをしていかないと、モチベーションアップにつながらず、効率アップにつながりません。

厳しさだけのリーダーシップは、企業経営にとって非効率なのです。

職場環境改善のコンサルティングは、以下のページから問い合わせをどうぞ。