パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

「職場でパワハラ受けた」3人に1人 厚労省が調査

2017年6月5日

平成29年5月19日朝日新聞の記事です。

http://digital.asahi.com/articles/ASK5M4VWHK5MULFA01B.html?_requesturl=articles%2FASK5M4VWHK5MULFA01B.html&rm=442

【引用はじめ】

企業で働く人の3人に1人が過去3年間に職場でパワーハラスメントを受けたことがある――。厚生労働省は19日に開いたパワハラ防止の有識者検討会で、こんな調査結果を示した。

調査は全国の企業で働く20~64歳の男女を対象に、昨年7月にインターネットで実施し、1万人から回答を得た。「過去3年間にパワハラを受けたことがある」と答えたのは32・5%。2012年7月の前回調査より7・2ポイント増えた。

年代別にみても、30代の34・1%(前回比6・9ポイント増)、20代の33・1%(同9・8ポイント増)をはじめ、全世代で前回より5ポイント以上増えて3割を超えた。

パワハラの内容を複数回答で聞いたところ、暴言、脅迫、侮辱といった「精神的な攻撃」が54・9%で最も多く、不要な仕事や不可能な業務を強制する「過大な要求」(29・9%)、無視や仲間外れなど(24・8%)が続いた。パワハラをした相手は、上司が76・9%。先輩が15・5%。非正社員が正社員から受けたケースも12・7%あった。

ログイン前の続きパワハラを受けた頻度は「何度も繰り返し」が7・8%、「時々」が17・8%、「一度だけ」が6・9%。

パワハラを受けた後に「何もしなかった」と答えた人は40・9%。理由を聞いたところ、68・5%が「何をしても解決にならないと思ったから」と答えた。

厚労省の担当者は「パワハラの認知度が高まったことで、被害を受けたと感じる人が増えているのではないか」とみている。(高橋克典

【引用終わり】