パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

自殺は「パワハラ原因」ヤマト運輸と上司を提訴

2017年4月5日

2017年4月2日読売新聞の記事です。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170401-OYT1T50097.html

 

【引用はじめ】
ヤマト運輸(東京)の県内営業所に勤務していた男性(当時46歳)が自殺したのは、上司からの長期間にわたるパワーハラスメントが原因だとして、長野県内の遺族3人が同社と当時の上司に計約9485万円の損害賠償を求める訴訟を長野地裁に起こした。

 31日に代理人弁護士が記者会見を開き、明らかにした。提訴は2月28日付。

 訴状によると、男性は2012年秋頃から、営業所長から人格を否定する暴言や暴行を受け続け、14年9月頃にはうつ病を発症。15年1月頃に自殺した。遺族は、同社についても、適切な労働環境の整備を怠ったと主張している。

 遺族は15年8月、県内の労働基準監督署に労災を申請。16年3月に労災認定を受けた。

 代理人弁護士は記者会見で「男性は上司から『小学生以下だ、お前は』『顔を見るだけで殺したくなってくる』などの暴言を受けていた。録音記録もある」と説明した。訴訟では、この記録のほか、男性が作成した被害状況を記したメモや、医師の診断書などを証拠提出したという。

 ヤマト運輸は取材に「係争中のため、コメントは差し控える。弁護士と協議した上で、対応を考えたい」としている。

【引用終わり】