パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

パワハラにより、退職⇒そして、貧困へ

2017年1月24日

読売新聞平成29年1月15日の記事です。

http://www.yomiuri.co.jp/osaka/feature/CO004339/20170115-OYTAT50000.html

 
【引用はじめ】
正月気分もすっかり抜け、社会部では、慌ただしくも活気ある日常に戻りました。みなさんの職場でも、そんなところが多いことでしょう。

 ただ、通勤の足が重い、という人もいるかもしれません。山陰地方の吉田香菜さん(43)(仮名)からのメールを読み、そう思いました。<職場のいじめが原因でうつ病になりました>と記されていました。

 吉田さんは短大卒業後、地元の歯科医院で事務職として働き始めました。でも、そこは開業直後で多くの業務をこなす必要のある非常に忙しい職場で、1年後に体を壊し、退職を余儀なくされます。

 その後、派遣社員となり、最初の7年は難なく勤務できたのですが、次の派遣先の会社でいじめに遭いました。

 <同じ職場の正社員の女性から無視されたり、仕事を与えられなくなったりしたのです>。陰湿ないじめは続き、上司に訴えるも適切に対応してもらえず、事態は悪化。

 <最後はご飯も食べられない状態になり、契約を更新せず、辞めました>

 吉田さんは退職後、うつ病と診断され、心療内科に通いながら、派遣先を転々としますが、職場での通院への理解不足や人間関係のつまずきで、最後は実家に引きこもる状態になってしまいました。

 読んでいて、胸が痛みました。実は私も昨年末、別々の会社に勤める2人の友人から、パワハラなどを理由に「仕事を休むことにした」と打ち明けられたばかりです。

 吉田さんに電話しますと、「死にたいと考えたこともありますが、いまは、いつかまた働きたいと思っています」と、しっかりした声が返ってきました。現在、就労を支援するNPO法人の作業所に通っているそうです。

 前向きな言葉に安心する一方、経済的な苦しさもひしひし伝わりました。吉田さんの場合、うつ病の診断は退職後だったため、厚生年金に加入中なら受け取れたお金を受け取れなかったのです。引きこもりで貯金も取り崩しており、「いまは親の年金が頼り。お金がないって、本当につらいです」と吐露されました。

 昨年は、大手広告会社の電通社員だった高橋まつりさんが、長時間労働やパワハラを苦に自殺した問題が大きな波紋を呼びました。

 「仕事より命が大切」。高橋さんの悲劇を思うと、吉田さんのように職場でつまずいた人には、そう励ましたくなりますが、直面する生活の困窮を聞くと、それだけで片づけてはいけないと思います。

 国ではいま、過労死などを防ぐための働き方改革が議論中です。安心して働ける環境はもちろんですが、心身が傷ついても、きちんと休み、再び働き出せるまでの支援策が充実することを願わずにいられません。(岸下紅子)
【引用終わり】