パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

セクハラへの対抗策の基本とは・・・・

2016年5月30日

セクハラの相談に応じて想うこと・・・・・

セクハラは「確信」をもたないとできないこと。
そこには何らかの「性的」な意図がある。
ただ、加害者は「性的」なことを意識していないことがある。
意図が結果的に被害者にとって、「性的」な不快感に繋がるかどうかだ。
そして、その不快感は相手には通じない、というより不快感をあらわにすること許されない状況がある。

でも、やはりセクハラに対抗するには、不快感を加害者本人に対して明らかにすることが基本。

それができずに「セクハラされた自分」に対して周りに同調求めたり、同調しなかったことに怒りをぶつけることは、問題をあいまい化して結局本人を苦しめるだけでしかない。

だから、思い切って不快感を表すことが必要。実は、不快感の表明はそれだけで証拠になるのだから。

異性間のセクハラにせよ同性間のセクハラにせよそれは同じだ。