パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

働く女性の3割が「セクハラ被害」…厚労省調査

2016年3月5日

読売新聞2016年3月1日の記事です。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160301-OYT1T50159.html

 

【引用はじめ】

働いた経験のある女性のうち、セクハラ被害を受けたとする人が約3割に上ったことが1日、厚生労働省による初めての実態調査で分かった。

厚労省は今後、企業への啓発や指導を強化する。

調査は昨年9〜10月、全国の企業6500社で働く25〜44歳の女性従業員約2万6000人を対象に行い、有効回答は17・8%。さらに、インターネット上で同年代の女性5000人から回答を得た。

セクハラ被害を受けたという回答は28・7%に上り、雇用形態別では、正社員が34・7%で最多だった。続いて契約社員等24・6%、派遣社員20・9%、パート従業員17・8%だった。

内容で多かったのは「容姿や年齢、身体的特徴について話題にされた」(53・9%)、「不必要に身体に触られた」(40・1%)。「性的関係を求められた」(16・8%)と深刻な事例もあった。

【引用おわり】