パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

「顧問パワハラ」 遺族が道を提訴

2016年3月4日

2016年3月2日 毎日新聞の記事です。

http://mainichi.jp/articles/20160302/ddr/041/040/006000c

 

【引用はじめ】

2013年3月に札幌市の北海道立高校1年の男子生徒(当時16歳)が自殺したのは、部活でいじめを受けていたのに顧問教諭が「指導」名目で精神的に追い詰めたのが原因として、遺族が1日、道に約8400万円の損害賠償を求める訴えを札幌地裁に起こした。

 訴状によると、生徒は13年1月以降、吹奏楽部で孤立。メールのやりとりをめぐって部員とトラブルになった際、顧問は背景事情を調べず、生徒だけに非があるとして部員全員への謝罪を強要した。死亡する前日には上級生の前で生徒をしかり、退部させる可能性にも触れて孤立を深めさせた。

 遺族は「顧問の地位を乱用したパワーハラスメントに当たる」と主張した。

 また、学校は自殺の背景事情を調べて保護者に詳しく説明する義務を果たさず、全校アンケートを廃棄するなどした対応は違法と主張している。

 生徒は13年3月3日、市営地下鉄の線路に入って列車にはねられ死亡した。

 道教育委員会は「訴状が届いておらず、コメントは控える」とした。

【引用終わり】