パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

教授がパワハラ停職3ヵ月処分 東北大

2016年2月8日

2016年河北新報の記事です。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201602/20160206_13046.html

 

【引用はじめ】

東北大は5日、研究室所属の教員3人にパワーハラスメントを繰り返したとして、大学院工学研究科の60代男性教授を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。男性教授は「ハラスメント行為はしていない」と話しているという。
東北大によると、男性教授は2012年4月から翌年10月にかけ、連日長時間のミーティングで3人に詰問やしっせきを繰り返し、建物周辺で樹木の撤去や害虫の駆除を命じた。3人は心身の不調を訴えて病気休職、15年3月までに全員が退職した。
3人は13年11月にハラスメントの申し立てをした。処分の決定まで大学当局は2年以上を要した。

【引用終わり】