パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

「主治医がセクハラ」42歳女性が損害賠償求め提訴

2015年10月9日

日刊スポーツ10月9日の記事です。

http://www.nikkansports.com/general/news/1550367.html

 

【引用はじめ】

東京慈恵会医大病院で治療を受けた女性(42)が9日、主治医にセクハラされたとして、男性医師と大学側に880万円の損害賠償を求め、東京地裁に提訴した。

訴状によると、女性は慢性的な全身の痛みを訴えて同病院のペインクリニックで治療を受け、2011年秋からこの医師が主治医となった。

医師は、プライベートで女性を食事に誘い、帰りに無理やり抱きついたり、治療中に体の関係ない場所を触ったりしたといい、女性はセクハラが原因で心療内科に通うようになったと主張している。

提訴後に記者会見した女性は「女性の尊厳が踏みにじられたのに、医師の気分を損ねてはいけないと思って逆らえず、本当に悔しかった」と訴えた。大学は「訴状を見ておらず、コメントは控える。速やかに事実関係を確認する」とした。(共同)

【引用おわり】