パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

公務員の悩み、5年ぶり増 パワハラ、異動関係が最多 人事院

2015年8月4日

2015年8月3日 産経新聞の記事です。

http://www.sankei.com/life/news/150803/lif1508030025-n1.html

 

【引用初め】

人事院は3日、国家公務員から平成26年度に寄せられた職場環境などの悩み相談の件数が25年度より159件多い1025件だったと発表した。増加は5年ぶり。

同じ職員が複数回相談するケースもあり、重複を除くと706件だった。内訳は、パワハラと異動や転勤などの任用関係がともに148件で最多。勤務時間や休暇関連の121件が続いた。パワハラのほか、セクハラやいじめなど職場の人間関係に絡む相談が全体の3割を占めた。

706件を省庁別でみると、法務省の160件が最多で、次いで厚生労働省が106件、国土交通省が96件。自分の所属を明らかにしない相談は124件で、増加傾向にあるという。

【引用おわり】