パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

泣き寝入りしないで 10日 労働者対象の無料電話相談 埼玉弁護士会

2015年6月8日

東京新聞の記事です。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20150608/CK2015060802000153.html

 

【引用はじめ】

埼玉弁護士会は十日、給与の未払いや上司からのパワハラ、セクハラなどに悩む労働者を対象に無料の電話相談を行う。「労働の日」の同日に各地で実施される「全国一斉労働相談ホットライン」の一環。

 埼玉弁護士会の小林哲彦弁護士は「会社は労働者の立場の弱さにつけこみ、不当な要求をすることがある。泣き寝入りしないでほしい」と呼び掛けている。

 最近では、勤め先を退職した人が「従業員の補充のために新たに求人広告費用がかかった」と言われ、給与から費用を天引きされた事例があった。相談を受けた同弁護士が会社側と交渉して返金させたという。

 電話相談は午前十時から午後十時まで、フリーダイヤル=(0120)610168=へ。 (井上真典)

【引用終わり】