パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

マタハラ防止、動き鈍い企業

2015年5月14日

2015年5月12日 読売新聞記事です。

http://www.yomiuri.co.jp/job/women/topic/20150507-OYT8T50101.html?from=ytop_ymag

 

【引用はじめ】

厚労省 指導強化打ち出す

最高裁判決を受け、研究会では企業のとるべき対応について紹介した(東京都内で)=池谷美帆撮影

AD2.dBanner(0,’prect’);  働く女性が、妊娠や出産などを理由に嫌がらせや不利益な扱いを受ける「マタニティー・ハラスメント」(マタハラ)。

昨年の最高裁判決で注目され、厚生労働省は企業への指導強化を打ち出した。ただ、それを防ぐ取り組みは緒に就いたばかりだ。

退職迫られる

「俺なら、俺の稼ぎだけで食わせる覚悟で、嫁を妊娠させる」。東京都内の教育関係の企業で働く女性(33)は、昨秋、直属の男性上司からこう言われ、言葉を失った。

育児休業明けに保育園が決まらず、入園できたら正社員に戻すという条件で、週3日勤務の契約社員として復帰。その後、保育園が決まったが、上司は正社員に戻すことを渋り、押し問答の末にこの発言が出た。

妊娠・出産を理由にした解雇や雇い止め・降格などは男女雇用機会均等法などで禁じられている。職場での精神的・肉体的な嫌がらせも含めマタハラとされている。

女性は社長とも話し合ったが、「産休明けの人を優先はしない」などと言われ、嫌なら退職をと迫られた。まさに社を挙げてのマタハラで、労働局の指導も会社は無視。女性の後に育休を取った複数の社員も嫌がらせを受けて退職した。

「今辞めたら会社は変わらない」。女性は会社と交渉を続けながら、契約社員のまま働き続けている。

マタハラは、連合が2013年に初めて行った調査で、妊娠を経験した20~40代の働く女性約300人のうち、4人に1人が「被害に遭った」と答え、注目を集めた。今年の同様の調査でも、回答者1000人のうち21%が被害を受けていた。

神奈川県内の有料老人ホームで働いていた女性看護師(40)も、被害者の一人だ。

派遣社員だったが、本社の女性看護部長に「産休・育休も取れる」と言われてパートに。その後妊娠し、産休と育休を取得したいと部長に伝えると、「他に育休中の人がおり、タイミングが悪い」「子どもがいるといつ休むかわからない」などとして、退職を促された。

拒否すると嫌がらせを受け、「ストレスで流産する可能性もある」と、昨年退職した。女性は「こんな状況では、働きながら産み育てるなど無理だ」と憤る。

マタハラ問題に取り組む民間組織「マタハラNet」代表の小酒部さやかさんは、「『男は仕事、女は家庭』という性別役割分業意識が根強い上、人員不足の職場では『仕事に穴を開けるのは悪』との考えが強く、妊娠・出産で休む女性に問題発言が出やすい」と話す。

世間の目厳しく

ただ、世間の目はマタハラに厳しくなっている。

最高裁は昨年10月、「妊娠後、軽易な業務に転換したことで降格されたのは均等法違反」とする理学療法士の女性の訴えを認めた。これを受け、厚労省は今年1月、妊娠・出産、育休明けなどから1年以内に企業が降格や雇い止めなどをした場合は「均等法などで禁じる不利益取り扱いで、違法とみなす」とした通達を全国の労働局に出した。

もっとも、企業側の動きは鈍い。

4月半ば、都内で「マタハラ最高裁判決の意義と今後の企業対応」と題した研究会が開かれた。企業の人事担当者らを前に、弁護士の新村響子さんは女性の権利を守る法律を把握し、誤った対応を取らないよう注意を促した。

ただ、主催した労働開発研究会(東京)の担当者は、「労働法改正などがテーマの会より参加者が少なく、企業の関心はまだ低いようだ」と話す。

新村さんは「企業には、社内規定の整備など適切な対応を行い、育児をしながら働き続けられる職場づくりが求められる」と指摘している。

人事・労務担当部署などに相談

マタハラNetによると、マタハラになる言葉は「パワハラ型」「追い出し型」など、大きく四つのパターンに分かれる。

もし被害に遭ったら、どこに相談すればいいか。

同僚からであれば、まずは上司に。上司からであれば、会社の人事・労務担当部署に問い合わせる。そこでも解決が難しそうなら、都道府県にある労働局や、連合、個人で加入できる組合などに相談する。(針原陽子)

「マタハラ」になる言葉
・パワハラ型  「夕方帰る正社員なんていらない」  「(妊婦でも)甘えは許さない」 ・追い出し型  「子どもができたら辞めてもらうよ」  「産休・育休なんて制度はうちにはない」 ・性別役割分業型  「子どものことを第一に考えろ」  「旦那さんの収入があるから(辞めても)いいじゃないか ・いじめ型  「迷惑なんだけど」  「休めていいよね」 (マタハラNet「2015年マタハラ白書」より)

【引用終わり】