パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

「北海道新聞社員からセクハラ」嘱託看護師の遺族が告訴

2015年5月8日

2015年5月8日朝日新聞の記事です。

http://www.asahi.com/articles/ASH575RDJH57IIPE01W.html

 

【引用はじめ】

北海道新聞函館支社(北海道函館市)で嘱託看護師として勤務し、2月に火事で亡くなった女性(当時40)が同社の男性社員2人からセクシュアルハラスメント行為を受けたとして、遺族が7日、この2人を暴行容疑などで函館中央署に刑事告訴した。

告訴状によると、2人は昨年12月、函館市内の飲食店で、女性にひわいな言葉を言いながら、体を触ったり体を押しつけたりするなどの暴行をしたとしている。女性は同社に被害を申告、2月10日ごろから仕事を休むようになったという。

女性は2月21日に函館市の自宅が火事になり、助け出されたが搬送先の病院で死亡が確認された。

遺族らによると、同社は昨年12月に女性から聞き取った内容をまとめた報告書を作成。2人は1月、「(女性に対し)大変不快な思いをさせる言動や行為を行い、精神的、肉体的苦痛を与えてしまった」などとして、女性への謝罪文を書いたという。

遺族は取材に対し、「事実関係の調査を求めたが対応が遅かったため、刑事告訴した」と述べた。

北海道新聞社経営企画局は「社員が告訴されたことは遺憾。誠実に調査しているところだが、今後もセクハラの有無なども含めて詳しく調査する」とのコメントを出した。

【引用終わり】