パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

積水ハウス「パワハラ自殺」遺族に6千万円 地裁で和解

2015年4月3日

2015年4月2日 朝日新聞の記事です。

http://www.asahi.com/articles/ASH423CB1H42PTIL007.html

 

 

【引用はじめ】

大手住宅メーカー積水ハウス大阪市)の社員だった男性(当時35)が自殺したのは上司のパワーハラスメントが原因だとして、兵庫県内に住む男性の両親が同社に9280万円の損害賠償を求めた訴訟が大阪地裁であり、同社が和解金約6千万円を支払うことで和解した。3月24日付。

両親側は、男性が顧客の苦情対応などの統括役になった2010年8月以降、上司から指導力不足などを理由に「死ね」「給料泥棒」などと罵声を浴びせられていたと主張。男性は11年9月、大阪市内の淀川でおぼれて亡くなっているのが見つかった。

神戸西労働基準監督署は12年8月、「業務上の心理的負担によって適応障害を発症し、自殺に至った」として労災と認定。両親は13年2月、「上司の言動は指導の限度を逸脱していた」として提訴したが、同社は「厳格な指導はしたが罵声は浴びせていない」と反論していた。積水ハウスは取材に「円満に解決すべく和解したが、コメントは差し控える」としている。

【引用終わり】

 

職場環境改善工房のHPは、こちらをクリックして下さい

職場環境改善工房の法人向けご提案は、こちらをクリックして下さい。

職場環境改善工房の個人向けHPは、こちらをクリックして下さい。