パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

看守長、同僚女性にセクハラ…食事の際抱きつく 大阪刑務所

2015年3月21日

2015年3月21日 読売新聞の記事です。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20150321-OYT1T50012.html

 

【引用はじめ】

同僚の女性にセクハラ行為を行ったなどとして、大阪刑務所は20日、男性看守長(40)を減給3か月(10分の1)の懲戒処分にした。

発表によると、看守長は昨年8月下旬、堺市内の飲食店で同僚女性と食事をした際に数回抱きつくなどした。その後もスマートフォンの無料通話アプリ「LINE(ライン)」で女性にメッセージを多数回送ったうえ、「返信しろ」と要求して女性に不安を抱かせた。

女性が今年1月、同刑務所に被害を訴えて発覚。看守長は事実を認めているという。同刑務所の小野修所長は「職員への研修、指導を充実させ、再発防止に努める」としている。

【引用終わり】