パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

医師自殺はパワハラ、1億円の賠償命令 兵庫の病院

2015年3月19日

2015年3月19日 日本経済新聞の記事です。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG18HAA_Y5A310C1CC1000/

 

【引用はじめ】

兵庫県養父市の公立八鹿病院の男性勤務医(当時34)が自殺したのは、長時間労働と上司の医師のパワーハラスメントが原因だとして、鳥取県に住む両親が病院側に約1億8千万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、広島高裁松江支部は18日、運営する病院組合に約1億円の支払いを命じた。医師への請求は棄却した。

組合と医師2人に計約8千万円の支払いを命じた昨年5月の一審の鳥取地裁米子支部判決を変更した。

塚本伊平裁判長は「うつ病の原因となる長時間労働を強いられた上に、上司の医師によるパワハラを継続的に受けていた」と指摘。パワハラは注意や指導の範囲を超えた違法行為だとした上で「組合は時間外勤務の把握が不十分。パワハラを認識しながら対策を取っていなかった」と判断し、安全配慮義務違反を認めた。医師は地方公務員のため、個人的に賠償責任を負わないと判断した。

判決によると、男性医師は2007年10月から整形外科医として勤務したが、うつ病となり、同年12月に自殺。時間外労働は週平均40~50時間に上った。上司は「給料分の仕事をしていないことを両親に連絡しよう」といった暴言を吐いたり、患者の前で頭をたたいたりした。

【引用終わり】

 

公立八鹿病院のパワハラ事件の一審判決についての記事は、以下をクリックして下さい。

■医師自殺 超過勤務とパワハラ認め8000万円賠償命令■