パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

遅刻指導で休日呼び出し…パワハラ課長補佐

2015年3月14日

2015年3月14日 読売新聞の記事です。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20150313-OYT1T50137.html

 

 

【引用はじめ】

長崎県五島市は13日、部下の女性職員にパワーハラスメント(職権による人権侵害)をしたとして、市民課の男性課長補佐兼係長(53)を減給1か月(10分の1)の懲戒処分とした。

市の発表によると、課長補佐兼係長は、昨年12月10日朝、遅刻した女性職員(20歳代)に始末書を書かせた。その後、「内容が足りない」などとして、同25日まで複数回にわたり勤務中や休日に呼び出して指導し、「今後遅刻するようなことがあれば、いかなる処分も受けます」との誓約書を出させた。同僚の報告で発覚した。

市は監督責任を問い、上司の女性課長(59)も13日付で戒告の懲戒処分とした。

野口市太郎市長は「再発防止を徹底し、職場環境の充実を図る」との談話を出した。

【引用終わり】