パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

セクハラ発言での降格処分「妥当」 最高裁が二審破棄

2015年2月26日

2015年2月26日朝日新聞の記事です。

http://www.asahi.com/articles/ASH2V52D5H2VUTIL01T.html

 

 

【引用はじめ】

職場で部下の女性に性的な発言を繰り返し、出勤停止と降格の処分を受けた上司の男性2人が「処分は重すぎる」と会社側を訴えた訴訟の上告審判決が26日、最高裁第一小法廷であった。金築誠志裁判長は「極めて不適切なセクハラ行為で、処分は妥当」と判断。処分を無効とした二審・大阪高裁判決を破棄した。「処分は有効」として男性2人が敗訴した一審・大阪地裁の判決が確定した。

訴えていたのは、大阪市の水族館「海遊館」の運営会社に勤める40代の男性社員2人。20~30代の女性派遣社員ら2人に対し、「俺の性欲は年々増す」「女の子は男に甘える方がいい」などの発言を繰り返したとして、10~30日の出勤停止と降格処分を受けた。

2人は「会社は注意や警告をすることなく、不意打ちで処分をした」と主張していた。

【引用終わり】

 

 

このセクハラ事件の、一審と二審の詳細の内容については、

こちらをクリックして、ご覧ください。【セクハラで降格 一審は「妥当」 二審は「重すぎ」】

""