パワハラ防止を通して職場環境の改善を創造する職場環境改善工房

お問い合わせは090-7312-3133

事例紹介

就業中のミスによる損害は、そのミスをした従業員が損害賠償しなければならないのか。

2014年3月14日

私,この仕事とは別に労働問題などの相談に乗ることもあります。

先日も,実はその労働相談にのりました。

相談の中で気になった・・・というよりよくあるケースの一つですが、経営者によるパワハラとも言うべき行為がありましたので,この機会に、ここでも残しておこうと思います.

それは、表題にもある,

「就業中のミスによる損害は、そのミスをした従業員が損害賠償しなければならないのか。または、使用者がそのミスをした従業員に損害請求をできるのか。」

ということです。

答えは,「基本的に、できません。」です。これは法律で定められているわけではないですが,裁判の判決などでは、出ているのです。

考え方は、分かりやすくいうと、業務中には、当然ミスなどのリスクがあり、それが織り込まれているのが当然である。従って、業務中のミスなどで出た損害を、使用者が従業員に、いちいち請求することなどできない、というものです。

単純に考えれば、分かりそうなことですが、本当に経営者が従業員に損害を請求することがあるのです。